全自動注意2


この写真のように離陸地点とスタート地点の線上に障害物の場合、

ドローンは障害物をよけることなく一直線にスタート地点に向かいます。
結果的に激突するという事故が起こります。

また、全自動散布終了後でも、RTHを行うと、指定高度まで上昇し、
一直線にホームポイント(離陸地点)に飛びますので、
障害物があれば衝突します。

ではどのようにすればよいのか?

答えは、バリアポイントの設定です。


バリアポイントを追加すれば、下の図のように
離陸後、バリアポイントをよけてスタート地点に向かいます。

また上手にバリアポイントを設定することにより、
障害物をよけずに四角の区画作成が可能です。

ただし、絶対に「飛行禁止エリア」に設定しないでください、「バリアポイント」と、「飛行禁止エリア」は意味が全く違い、 その場所で飛行できなくなり解除できない可能性が有ります。