リモートID搭載改造

ドローン所有者の皆さん、リモートIDをご存じですか?

2022年6月20日以降国土交通省に登録していないドローンは、屋外での飛行が出来なくなります。
登録の際にリモートIDと言う識別発振器(車でいうナンバープレートのようなもの)を搭載しなければいけません。

今後販売されるドローンには最初からリモートIDを搭載したものが多くなるでしょうが、搭載されていないドローンを登録する場合あと付けでリモートIDを搭載しないといけません。

しかし知識等が無く自分で搭載できないというお客様に対して弊社では搭載する改造を行います。

費用、
弊社で機体一式を購入したお客様¥70000-
他社様で機体一式を購入したお客様¥140000-
※弊社で農薬散布機をご購入されたお客様は、さらに割引いたしますのでお問い合わせください。

改造内容は、
リモートID機器搭載、リモートID番号ステッカー貼付
※IDステッカーは機体の最大離陸重量によりサイズが変わります。

お問い合わせやお申し込みは下のメールフォームよりお願いいたします。

    お名前(必須)

    メールアドレス(必須)

    ご住所(任意)

    ドローン購入先

    その他ご意見・ご質問(任意)

    営業目的の送信はお断りします。

    正しく送信されましたらいったん確認メールをお送りします。
    確認メールが届かない場合、入力したメールアドレスが間違えていないかご確認ください。

    係からのご案内やご回答は、24時間以内に返信をいたします。
    返信が無い場合迷惑メールフォルダに振り分けられていないかご確認ください。