初めての方はこちらを参考に

ドローンとは

厳密にいうと…
ドローンにもたくさんの種類があります。
~続きを見る~

ドローンの選び方

まず大切なことは、どのような使い方をするかです。
空撮を行うのに散布用のドローンを購入しても意味がありません。

散布を行う場合でも、散布場所に合わせた選択が必要です。

~続きを読む~

ドローンの価格

弊社で販売しているドローンの大まかな価格です。
※仕様の変更や規格の変更で価格が変わる場合があります。
※別途、消費税と送料が必要です。

No1人気
 10リッタータイプ
 XL1000WX
 標準フルセット ¥1210000-(税込み)

 

オプションで、障害物検知レーダーや高度維持レーダー、
粒剤散布装置などもあります。

2番人気
 5リッタータイプ(H型フレーム)
 MP-X1000DX
 標準フルセット ¥721000-

3番人気
 5リッター折り畳み式
 MP-X1100Ⅱ
 標準フルセット ¥771000-

大型ドローン
 20Lタイプ
 MP-XL2000
 標準フルセット ¥1600000-

16Lタイプ
MP-XL1600DX
標準フルセット ¥1280000-

価格は、常に変動します。
購入時はWebカートで確認するか、お問い合わせください。

ドローンの維持費は?

農薬散布ドローンの機体購入以外にも費用が掛かる場合が有ります。

機体購入費用とは別に講習を受けなくてはいけないメーカーもございます。
ウラニアでは、初回の導入講習を無料で行っています。

また、メンテナンス費用も毎年かかるメーカーもございますが、
ウラニアの機体は強制的なメンテナンスはありません。
ご自身で判断して点検に出せばよいので、適切な目安をご案内し、格安で点検を行います。

3年程度で行う点検の場合、分解点検整備を行いますが、
弊社で購入の機体は部品交換無しで、20万円前後です。
過去の実績では、6年間部品交換無しと言う機体もあります。

ウラニアの機体は維持費もお得になっていますので、
ぜひご検討ください。

ドローンの購入時期はいつが最適

散布用ドローンは、いつ買えばよいのかと言う質問をいただきます。

簡単にいうと早めが良いです。
確かに新型が出るタイミングと言う方もいますが、産業用ドローンは常に進化します。
新しい機体が出るのを待つよりも早めに入手して練習を行い経験を積んだ方が良いです。

具体的には散布を行おうと思う半年前位から準備した方が良いです。
最低でも2か月以上前に準備しないと間に合わないことが多いです。

機体自体も注文してすぐに届くというものではありません。
設定や個人用の調整などで、1~2週間程度かかります。

また飛行申請も出さなければいけません。

そして大切なのは飛行の練習です。
離陸だけ、飛ばすだけであれば2時間もあれば可能ですが、
正しい電源の投入から散布する場所の飛行などは何度も練習しないと事故を起こす可能性があります。
また練習不足で実際の散布時にうまくいかず防除失敗と言う事もあります。

早目に購入して練習し分からないことは早目に解決してください。

K++を個人で搭載しようという方へ

個人で搭載は難しいですよ。
詳しくは下をクリックして進んでください。
Jiyi K++を個人で設定しようと思う方へ