投稿日: コメントを残す

所有者の方は点検を・・

剥がれた絶縁

さっきちょっと書きましたが、今はまだ修理待ち状態の機体の状況がひどいので、注意喚起を込めて書き込みます。

価格の安い販売店さんはこう言う所で原価を下げているのかと思うと不安で証が有りません。
寿命と墜落に直結する場所も有りますので気になる方はすぐに点検してください。

 

  1. ESCの接続の点検
    被覆剥がれ
    赤丸の所を見ればわかると思いますが、被覆破れです。
    原因と対策は・・・別サイトサイトに書きますが、当店購入のお客様専用です。
    別サイトはこちら
    他の皆様も点検して被覆に少しでも剥がれが有れば補修してください。
    補修はビニールテープを撒く等で構いませんがたまには点検してあげてください。
    ※当店購入のお客様で、パスワードが解らない方はメールでお問い合わせください。
    今回修理に入っている機体は、この被覆破れが原因でショートを起しその熱ではんだが解けて飛び散っていました。
    半田が飛び散って被覆チューブで止まっていただけでしたので引っ張るとすぐ外れました。
    墜落の原因はおそらくこれだろうと思います。この販売店さんのはんだ技術が如何なのかは解りませんが一応全部の被覆を剥いでチェックします。
    はんだの技術が悪くよく付いていないとリークの原因になります。

    隣のESCの被覆もこれです。
    怖くて通電さえできません。
  2. モーターの傾き

    手前のモーターと奥のモーターの傾きが解るでしょうか?
    この位ならぎりぎりかなとも思いますが、今回は一応修正します。
  3. ESCのヒートシング

    テープで張ってますが、熱伝導テープでも2枚張りとかすると効率は悪いです。
    しっかりと固定することが望ましいですが、これなら逆に固定せず乗せるだけの方が効果が上がります。
    今回は一応すべて固定し直し。

農薬散布機を所有の皆さん特にJMR-X1000ノーマル機をお持ちの方は1,のESCの接続は必ず点検してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。