投稿日: コメントを残す

リベット止のご質問

リベット止め

投稿で質問頂きましたが、こちらのコメントで回答いたします。
下の図も参照ください。

>フレームをリベットで止めていますが、修理の時などはどうするのですか。
>メンテナンス性を上げるためにネジの方が良いのでわ?

ドローンではなく、一般的な機械の場合、整備性を上げるためにであれば、ネジ止めの方が整備性は良いです。
しかし今回のご質問は、散布用ドローンのフレームやモーターマウントの固定用リベットのご質問ですから答えが変わります。

今回頂いたご質問に関しての回答は、
フレームやモーターマウントの固定はリベットでなければだめです

今回ご質問の固定位置は、金属製のパイプ(円筒)の中にカーボンを通した物の固定です。
結合部分を貫通させ、ボルトナットで固定した場合外側の金属には内側に力が加わります。
その力は確かに内側のカーボンにも掛かりますが、カーボンの方は内側に逃げます。

リベットによる固定は、金属の外側からと、カーボンの内側から両者を挟むように力が加わります。
これにより力が逃げる事無く面で密着させ固定する事が出来ます。

設計を行う人なら当たり前と思う施工ですが、整備性と言う逃げ口上でボルト止めにする事は非常に危険です。
必用箇所は必ずリベットで固定してください。

最近メーカーから送られてくる機体もボルト止めの場合が有ります。
これはあくまでも仮止めで、最終的にはリベットで止めるのが本当です。
キットで送られる部品の中にも、ネジ止め用のボルトとナットが入っていますが、安易にネジ止めで終わらせると設計上の強度が出ない事になります。

円筒が重なったもの(今回のフレーム固定のような物)に関して、外側から一方的に中心に向かいとからを加えた場合接合部が折れやすくなると言う特性を理解してください。

参考写真を見ればわかると思いますが力の掛り方が違います。

リベットと貫通させたネジによる固定の劣化進行も違い、リベットは緩むと言う事が有りません。
※リベットにもやせると言う表現の劣化は有ります。

ネジが緩み、若干でもがたつきが出ると、フライトコントローラーが振動を拾ってしまう結果になりますのでご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。