投稿日: コメントを残す

プロペラについて

最近の事例で、プロペラ、(ブレード?メインローター?)の目に見えない不良が見られました。
農薬散布機のプロペラは木材の上にカーボンを巻いた2重構造の物が多く、最初から不良の物も有るし、何かにヒットしたり、衝撃を受け、カーボンと木材が離れてしまい微妙な振動を出すことが有るようです。

プロペラはバランスも大事ですが、点検の際はこの中空状態も確認してみて下さい。
クラックが入っている場合は特に注意してください。

プロペラ等に起因する振動によりフライトコントローラーが誤作動を起こす場合が有ります。
その後動作の内容は様々で、ホバリングが安定しなかったり、直進しなかったり、勝手に回転を始めたり。
非常に危険ですので注意してください。

簡単な確認方法はメンバーサイトに書き込んでいますので確認してください。
メンバーサイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。