投稿日: コメントを残す

視認性向上LEDをオプション装備決定

視認性向上のLEDをオプションで搭載します。

農薬散布ドローンの許可申請時に「 無人航空機の位置及び向きが正確に視認できる灯火又は表示等を 有していること。 」
と言うチェック項目が有ります。
前後が解るようにテープなどで装飾すれば良いし、フライトコントローラーのステータスLEDが有る方が後ろとわかるので、これまでは余計な装備として搭載させていませんでした。

しかし、早朝や薄暮時に若干見にくいと言うご意見を頂き、オプション装備に追加いたしました。

装備として、6連LEDを前後にそれぞれ2灯、合計4灯のLEDライトを搭載します。
標準仕様で、前方に赤色、後方に青色を装備します。
※色の変更は可能で、赤、青、緑、オレンジ、白、紫が選べます。
また取り付けは強度を損なわないようリベットで固定しています。
※フレームに穴をあけるためボルト止では強度が落ちます。
 ですから強度を損なわないようリベット加工を行っています。

価格は、5リッタータイプの機体で¥2500-
10リッタータイプは、¥3500-です。
購入は、[ここをクリック]

後付も可能ですので是非ご相談ください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。