投稿変更用(ベーカリーで編集)

新しく採用を決定した新型のフライトコントローラーK++についての質問を多くいただいていますのでここで説明いたします。

一番多く受ける質問は、自動散布についてです。
これは、DJIのDataLink 3(データリンク3)と比較されますが、ほぼ同様の機能を有しています。

DJIの方が優れていると思われる点は、マップの作りやすさが若干優れています。

さらに詳しく

マップで散布範囲を指定しますが、DJIの場合プロポをもって田圃の周りをまわり、スイッチ一つでポイントを登録できますが、K++の場合プロポをもって田圃を廻り登録したいポイントで、プロポの画面で確認しながらアプリの画面でポイントを登録します。

たったこれだけの違いですが、一応告知させていただきます。

また、マップは一度作ると何度でも利用できますので、最初だけちょっと手間を取るだけです。

次によく聞かれるのは、N3-AGと比べてどうですかという漠然とした質問です。

この答えについては、N3-AGはもう古いコントローラーですとしか言いようがありません。

具体的にいうと、
・飛行の安定性が向上されている。
・振動に対する対策が強化されている。
・ブレークポイントの記憶は機体のバッテリー交換でも消滅しない。
・N3-AGの機能はほぼ備えています。
・全自動散布が可能です。
・精密な散布量の調整が可能です。
・Wポンプ機能搭載。(オプションですが、前進時は前のノズル後退時は後ろのノズルから散布可能)
・アプリで様々な設定が可能

 

逆にここはN3-AGの方が良いという点は、
筐体が小さいので、小型機にも搭載可能。
マニュアル+時の横移動はN3-AGはボタンで指定幅移動ができるが、K++は、横移動も手動

 

自動散布とは

K++の自動散布とは、アプリ上で、Googleマップを利用して散布範囲を登録しその範囲の中を自動で散布するもの。

DJIのDataLink 3と同様の機能を有します。

飛行の安定性詳細

.デュアルCPUを有し処理速度を向上させ、垂直制御の精度が20%向上しています。
二重衝撃吸収構造設計により、振動対策を図っています。※限界もあります。
振動のある機体の場合衝撃吸収モードという設定がありますが、やはり感度が落ちます。
しかしN3-AGのように横転することはありません。

2個のCPU、3個のIMU、2個のバリメータを有し、不慮の機能停止に備えます。

日本語アプリについて

現在、製作中ですが間もなく日本語のアプリが完成します。

弊社だけの完全オリジナルです!!